ヒラマサ、ブリなど青物の誘い出し、マグロ類のプラッギングゲームに開発したウッド製ペンシルプラグ。魚をトップまで誘引するためのアクションと、口を使わせるスイッチを入れるための波動アピールを兼ね備えた。ジャーク、トゥイッチの入力で水面直下に泡を引きずりながら、鋭角のS字軌道、クイックな平打ちアクションでターゲットを浮上させ、ウッド特有の水絡み、水押しに長けたボディデザインの強い波動アピールで捕食本能を刺激する。

 
 
   
  着水後はロデオを潜行させ水面直下でアクションを行う。ロッドティップは横、または下向きに一定の間隔でジャーク&リーリングをすると、水面下のロデオはS字に軌道を描き、強い平打ちのローリングアクションで誘い始める。そのまま潜行&浮上の動作を一定間隔で繰り返し、アクション間にロデオが水面で止まった時が喰わせの間。魚は激しいスプラッシュと共に襲いかかるが即合わせはNG。魚の重みがロッドに十分伝わってからフッキングを入れる。またミスバイトでもアクションを絶えず行い追い喰いを狙う。バイトでロデオが視界から消えても、水中で誘い動かし続ける。この時バイトまでの動作スピードよりも遅く動かすことで追い喰いの可能性はアップする。

 
   
  基本のアクションに活性やベイトなどの条件を加味しアクションへ応用することでバイト率はアップする。スピード変化、潜行深度、潜行距離などをロッドワークでコントロールする。例えばトビウオの場合、潜行を浅くし水面をスプラッシュさせながら誘ったり、新群れが入った高活性状態ではリーリングを止めずにショートトゥイッチで水面下を連続で首振りさせたりなど、アクションにバリエーションを持つことで攻略の幅は広がる。

 
 
   
誘うアクションと喰わせるアクションを使い分けてヒットしたヒラマサ。   サンマを追う高活性のヒラマサをハイスピードリーリングのショートトゥイッチで喰わせた。   潮と船の流れを読んでキャスト方向を変えルアーの動きを上手く操作し攻略した一匹。